この世でいちばん大事な「カネ」の話/西原理恵子

この世でいちばん大事な「カネ」の話

『この世でいちばん大事な「カネ」の話/西原理恵子』

学生の頃読んでいた雑誌でこの方の漫画を見たことがありました。 続きを読む »

「ランチェスター経営」がわかる本—儲けのしくみ、教えます!/竹田陽一

「ランチェスター経営」がわかる本

「ランチェスター経営」がわかる本—儲けのしくみ、教えます!/竹田陽一

ランチェスター経営株式会社代表である竹田陽一氏の著書です。
以前、人に貸したままになっていたのですが、たまたまブックオフで見つけてつい読みたくなり購入。 続きを読む »

お金をかけずに繁盛店に変える本/富田英太

Thank U - WEB・モバイル・携帯 システム開発、ECサイト構築、サイト制作、オープンソース(EC-CUBEa,Movable Type,WordPress,xoops)-お金をかけずに繁盛店に変える本/富田英太

お金をかけずに繁盛店に変える本/富田英太

ECサイト構築の際のヒント探しにと購入した本なんですが、内容は期待したものとは違っていました。
『期待したもの』というのは「ECサイト構築のヒント」だった訳ですが、実際には経営論という内容で、違った意味で面白かったです。 続きを読む »

XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。

XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。

『XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。』

HTML4.0の時に独学で勉強した後は、XHTML+CSSは何となくで使っていました。
そもそも、Thank Uはシステム開発をメイン業務としているので、そんなにがっつりコーディングすることはありません。
が、たまにデザインからスライス、コーディングすることも。

とりあえず、XHTML+CSSの基礎だけでもやり直しておこうと思って購入したのが、上の書籍。
標準的なサイト構築方法と、どうしてそうしなければいけないのか?という根拠が記されています。
また、本来XHTML+CSSでのコーディングは、デザインしたとおりのレイアウトを実現するものではなく、サイトにある情報を構造的に整理し、ユーザ、ブラウザ、検索エンジンに正確に伝えることを目的としていることを教えてくれます。
ある程度XHTML+CSSを使いこなしている人が復習するには最適の本です。

ただ、この本だけで、XHTML+CSSでのコーディングはできません。
全くの初心者には不向きな本です。

未だにtableタグでレイアウト組みをしているサイトを見ます。
何年も前に作られたサイトなら「仕方ないな」で済みますが、最近作られたサイトだったら制作会社のスキルを疑ってしまいます。

tableタグは、その名の通り『表組み』に使用するものですからね。

XHTML&CSSデザイン |基本原則、これだけ。/こもり まさあき

¥2,415
Amazon.co.jp

「へんな会社」のつくり方/近藤 淳也

「へんな会社」のつくり方

「へんな会社」のつくり方/近藤 淳也

久しぶりに本を読みました。
最近は仕事で多忙なのと、あまり本を読みたいという気持ちにならなかったというのが理由です。
まだ読んでいない本が50冊以上あります。早く片付けないと、そのうち役に立たなくなってしまう本も出て来るので、時間を見つけて読んで行こうと思います。
でも、気持ちがないと読んでも自分の中に残らないので、あまり意味がないんですよね。
読書って難しい。

で、久しぶりに読んだ本というのが、はてなの代表近藤淳也氏の『「へんな会社」のつくり方』です。
この本、ずいぶん前に出版されたものですが、ずっと読んでいませんでした。
理由としては、私がはてなのサービスをまったく利用していないことが挙げられると思います。
はてなのサービスは結構目にするのですが、どういった理由か分かりませんが利用していません。
はてなのユーザって、一般の人よりも技術者寄りというか比較的にネットやコンピュータに詳しい人が多いようなイメージがあります。

この本を読んで気付いたことがあります。
はてなという会社は日本の企業としてはとてもユニークな経営、社内ルールを採用しています。
具体的な内容は、ネット検索すれば知ることができるので、ここでは書きませんが。
それらのルールは、Googleやシリコンバレーにある会社の模倣と言えばそれまでなのかもしれませんが、技術者が好みそうな自由で、柔軟なルールです。
だからこそ、はてなが生み出すサービスも技術者寄りの人が好むものになっているのかな。と思いました。

すべての会社が採用できる内容ではありませんが、経済成長した日本で今ひとつ仕事に対してやりがいを持てない、上昇志向がないと言われている若者とともに会社を運営して行く上で、一つのアイデア・発想として参考にする為に読んでおいて損はないと思います。

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)/近藤 淳也

¥1,575
Amazon.co.jp