iCalを利用したiPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期

iCal

GoogleカレンダーがCalDAVをサポートしたことにより、GoogleカレンダーとiCalが同期可能になりました。
と言うことは、iCal経由でGoogleカレンダーとiPhoneのカレンダーを同期させることができます。
jailbreakすれば、GoogleカレンダーとiPhoneカレンダーを直接同期させることができますが、今のところjailbreakするつもりはないので正当な手法をとりたいと思います。

で、早速試してみました。

まずは、iCalの設定。
”まずは”と言っても、設定はiCalのみ。
iCalからiPhoneのカレンダーは、iTunesで同期させれば良いだけですからね。

iCalの”環境設定”の”アカウント”に、Googleカレンダーのユーザ名(メールアドレス)とパスワードを入力します。
”サーバオプション”のアカウントのURLには、以下を入力します。
[ your Google Calendar email address ]には、Googleカレンダーのユーザ名を入力。

https://www.google.com/calendar/dav/ [ your Google Calendar email address ] /user

これで、iCalの設定は完了。
iCalとGoogleカレンダーとは設定されたタイミングで自動更新されます。
あとは、iTunes経由でiCalとiPhoneのカレンダーを同期させてやればOKです。

でも、GoogleカレンダーとiPhoneが直接同期できれば一番良いのですが。
ま、そうなることを期待しつつ暫く待ちましょう。

追記
GoogleカレンダーとiPhone(iPod touch)の同期には、NuevaSyncが便利だとコメント頂きました。
ただ、複数アカウントの同期は無理そうなので、複数アカウントを所有する私としては実際に試してみないと。といった感じです。
自動更新は大変魅力的なので、時間を見つけて試してみたいと思います。

iPhone 2.1ソフトウェア

先週末、AppleがiPhone 2.1ソフトウェアをリリースしたので、早速アップデートしました。

リリースノートを見ると、以下の改善が図られているとのこと。

・架電時や通話中の切断数の減少
・ほとんどのユーザーにとってのバッテリ寿命の改善
・iTunesへのバックアップにかかる時間の大幅な短縮
・メール、特にPOPやExchangeアカウントからのメール取得時の信頼性改善
・サードパーティーアプリケーションをインストールする際の速度の改善
・サードパーティーアプリケーションを多く利用している際に発生していたクラッシュなどのバグフィックス
・テキストメッセージのパフォーマンス改善
・連絡先データのロード、検索時間の短縮
・3G電波の強度表示の正確性向上
・テキストメッセージの受信を知らせるアラート音を2回繰り返し可能
・パスコード入力に10回失敗した際のデータ削除オプション
・Geniusプレイリストの作成

アップデート後、体感できたものは以下。
・バッテリの持ちが格段に良くなった
・iTunesへのバックアップに要する時間が短くなった
・3Gの受信感度が良くなった

3番目の3G受信感度については、リリースノートにはないものの、体感できるレベルなので列記しました。
ネットを見る限り、リリースノートにないものでも、改善されている機能はいくつか存在するようです。

以上の通り、アップデートの価値は充分にあるソフトウェアだと思います。

ただし、Windowsを利用している場合、アップデート後iTunesと同期ができなくなったという報告もあります。
Windowsを利用したいる方は充分に気をつけて下さい。

Moonlight Mahjong

Moonlight Mahjong

最近、ちょっとした時間にiPhoneで遊んでいるのが『Moonlight Mahjong』
『上海』という名前で有名なゲームです。

私がしていた上海って2Dだったので牌が積み重なっている場合、判断に苦しむことがありました。
でも、Moonlight Mahjongは3D。
しかも、iPhoneの機能を充分に活かしています。
指で画面を拡大したり、回転させたり、移動させることができるので、牌がどのように積まれているかが一目瞭然。
上海をより楽しくプレーすることが可能です。

Moonlight Mahjongは有料ですが、Moonlight Mahjong liteは無料です。
Moonlight Mahjongはレイアウトが12種類で、Moonlight Mahjong liteは4種類という違いだけのようです。
4種類のレイアウトでも充分に多能できるので、お奨めです。

ゲーム開始時はこのような感じですが・・・

指を使って、このような感じに表示することができます。

iPhoneでスクリーンキャプチャ

iPhoneでスクリーンキャプチャ

iPhoneでスクリーンキャプチャは、

まずホームボタンを押し、

そして、同時に電源ボタンを押すだけ。

これで、キャプチャ画像が画像フォルダに格納されます。

画像フォルダの画像を全画面表示。

画像をメールで送れば、色々な用途に使えますね。

キャプチャ用のアプリも出ているようですが、上記操作で充分です。

iPhone 3GのユーザーエージェントとUser Agent Switcher

私のiPhone 3Gのuseragent(ユーザーエージェント)を調べてみると

Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 2_0 like Mac OS X;ja-jp) AppleWebKit/525.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.1Mobile/5A345

となっていました。

以降の内容は別ブログへ移動しました。
iPhone 3GのユーザーエージェントとUser Agent Switcher(株式会社サンクユーブログ)

iPhone 3G 買っちゃいました

iPhone3G

初回発売日でのiPhone 3G購入を様子見た私でしたが、独自調査により(どんな調査だ?)7/18(金)に入荷されると知り、自宅近くのショップへ行ってみると残り1台の状態だったので思わず買ってしまいました。

結論:買って正解。(個人的に)

明らかに従来の携帯電話とは異なるものです。
従来の携帯電話の代替品として購入するべきではないです。

Appleが1984年にMacintoshという新たな価値をコンピュータ業界(+コンシューマ)に向けて提示したように、iPhoneは携帯電話業界(+コンシューマ)に新たな価値を提示したと考えるべきです。
そもそもAppleが既存デバイスの機能拡張版を発表するなどというちんけなことはしない。
iPhoneを携帯電話の延長上で評価することはナンセンスだと思います。

iPhoneはキャリアだけでなく、ひょっとしたらモバイル業界全体に激変をもたらすかもしれません。
モバイル業界にとってはチャンスでもあるし、ピンチにもなり得るような気がします。
極端な話ですが、数年後にはモバイル業界(モバイルに特化した業種)というものがなくなってるかもしれませんね。

個人的には新しい価値を提供して貰ったiPhoneを存分に楽しむ一方、Thank Uとしては今後の動向をしっかり見て行きたいと思います。

Appleは製品だけでなく、パッケージや付属品にも徹底的にこだわるので、パッケージでさえなかなか捨てられないんですよね。
モノ作りをする者として、Appleが作るモノすべてに刺激を受けます。

開発をする作業スペースはすっかりApple製品で囲まれてしまいました。