忙しい時こそ、癒し

癒し

前回の記事で、11月は多忙と書きましたが、今日も開発作業の傍らアポが2件。

内1件は、新しい決済サービスを始められるという企業様との打ち合わせ。
私が、以前クレジット決済代行会社で、システム開発部を立ち上げ、レガシーシステムを一新したという実績を買って頂いての発注です。
(Thank Uでは、クレジット決済代行業を立ち上げられるだけのノウハウがあります。)
GMOマルチペイメントを利用したサービスになっていて、珍しいサービスです。
サービスインしたら、このブログで紹介します。
あと、GMOマルチペイメントもたいへん優れたシステムなので、別途ご紹介したいと思っています。

脱線しましたが・・・

あまりにも忙しいので、スタッフにもちょっとした癒しが必要。ということでアポの帰りに花を買って帰りました。

手前のピンクの花はガーベラで、通常のガーベラよりも花びらが倍ほどあるそうです。
可愛いですよね。

その他の花は、名前は失念しましたが、春の花らしいです。
これから冬なのに、デスクの上には春の花。
なんだか不思議な気分です。
ちなみに緑の葉はミントです。
花の香りと混じって絶妙な癒し効果です。

あと、個人的な趣味でアイビー。
鮮やかな緑で、見ていて気持ちよくなります。

超忙しい!

11月は、ECサイト案件(もちろんEC-CUBE)2件、Movable Type案件1件、システム2件、サイト制作1件の納品があります。
その為、かなり忙しいです。

11月に入ってからは、スタッフには土曜日も出勤して貰ってます。
中には日曜日も出勤してくれるスタッフもいます。
ホント感謝です。
私は、昨日11/15に高校時代の友人たちと飲み会の予定だったのですが、それも仕方なくキャンセル。

世の中、不況どころか大恐慌と言われている中、ありがたいことです。
この業界へも不況の波はいずれは来るでしょうから、稼げる時に稼いでおかないと。
不況と言えば、最近システムを発注する側の意識はかなり変わっているようで、好んでSOHOやフリーランスエンジニアを利用する企業も多くなって来ました。
Thank Uとしては、是が非でもこの不況をチャンスにしたいですね。

この11月の忙しさがあるからこそ、スタッフには12/25~1/4と11連休与えられるし、その前に少しながらボーナスも出せる。

この忙しさに感謝しながら、業務に勤しみたいです。

来客モードに変身

来客モードに変身

普段、事務所に来客はほとんどないのですが(私が訪問することがほとんどなので)、昨日は、珍しく事務所に来客を招きました。

いつもはリビングルーム、休憩スペースとして利用しているので、雑誌やら衣服などが散乱しているのですが、急遽部屋を来客モードに変身させました。
即席にしては、お客様を招くには恥ずかしくない程度にはなったんではないでしょうか?

やっぱりモノがないのって、部屋が広く感じるし、スッキリして気持ちいいですね。
この状態を常に保てるよう頑張りたいです。

爽やかな秋晴れ

バルコニーでMacBook Air

今日は爽やかな秋晴れ。
秋の空気って、ホント気持ちいいですね。
あ、そう言えば、今年の秋のテーマを決めていませんでした。
今の生活を考えると、「海外ドラマの秋」ですかね。

さて、今日のような気持ちのいい朝は、スタッフが出社するまで、メールチェック、スケジュールチェックなどの軽い作業をテラスで行います。
また、たまに気分転換でテラスで仕事することもあります。
特に昼食後の睡魔が襲って来た時など。
MacBook Airを購入してから、テラスに出る機会が益々増えました。
冬到来まで、テラスでの仕事を楽しみたいと思います。

サイト(フォーム)からの問い合わせが増えて来ました

Thank Uのサイトがオープンしてから3ヶ月が経過しました。
嬉しいことに、最近サイトからの問い合わせが増えて来ました。

問い合わせの多い順に列記すると、
・PHPによるシステム開発(PC、モバイルともに)
・EC-CUBEカスタマイズ
・Movable Typeカスタマイズ
・その他、オープンソース(OSS)カスタマイズ
・開発パートナーへの応募
・Thank Uへの営業
となります。

ただ、サイトからの問い合わせに対するクロージング率が、プッシュ営業のものより低くなっています。
Webの性質上気軽にお問い合せ頂いていたり、相場観の把握の為お問い合せ頂くことが多いのでしょうが、まだまだ当方の提案内容が未熟であることが原因だと思います。
対面での提案はかなりご好評を得ていますので、今後はサイトからの問い合わせに対する提案について試行錯誤しながらスキルを付けて行きたいと思います。

Thank Uでは、どのような内容でも迅速かつ正確に対応させて頂きます。
どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

ビッグプロジェクトのディレクション

ブログの更新が久しぶりになってしまいました。

実は、8月の最終金曜日に、あるプロジェクトのディレクションの依頼を受けました。

誰もが知っている超有名なアーティストのサイト・リニューアルという案件で、Flashコンテンツの他、SNSとECも含んだビッグプロジェクトです。

依頼された仕事内容は、既に進行中のプロジェクトでの最終要件を固める為のディレクション。
ドキュメントは少し存在していたものの、要件のほとんどがクライアントの頭の中だった為、具現化する為の工程が必要となって来ます。
実は、この行程が難易度が高かったりするのですが・・・
かつ、2週間以内にFlash、SNS、ECの要件を固め、ドキュメント作成をしなければならない。

大変な仕事とは分かっていましたが、何だか面白そうなので快諾しました。

9/1(月)からの1週間は、毎日クライアントとの打ち合わせとドキュメント作成の繰り返しでした。
クライアントとの打ち合わせ終了後に事務所へ戻りドキュメントを作成し、翌日はそのドキュメントを元に打ち合わせし、更に詳細を決定して行く。
その繰り返しです。
2週目は、1週目に作成したドキュメントを基に、技術的な、詳細な内容を落とし込む作業をメインにしながら、クライアントの最終確認を取る。

2003〜2004年の台湾の銀行システム構築プロジェクトでは、10〜20時まで会議を行い、翌日までに資料を作る。という生活を3ヶ月以上していました。
その時の経験があるからこそ、今回は楽しんで仕事ができました。
かつ、TVでも良く拝見していたアーティストのプロジェクトなので、更に楽しめました。

ディレクションは私ともう1名で行ったのですが、その方から学ぶ事が多かったです。
プログラマーやSEで凄いなぁと思う人とは何名か巡り会えましたが、プロジェクトマネージメントやディレクションという工程で感心させられる人というのは最近巡り会えませんでした。
勉強になる点があったので、今後しっかり自分のものしたいと思います。

あと、サプライズとして、アーティストに直接プレゼンする機会があり、こちらも大変良い経験をさせて頂きました。
都内某所のスタジオでプレゼンをしたのですが、かなり気に入っては貰えたものの、いくつか要望や案も頂きました。
サイトに訪れた人に対するもてなし、興味を引くアクション、魅力的なデザインなど、大変参考になりました。
流石、東京ドームに5万人動員できるだけのエンターテイナー。

このプロジェクトで一番嬉しかったのは、私の仕事内容を評価して頂き、当初より期間延長して頂き、プロジェクトにより深く関わることができたことです。
今まで積んで来たスキルがこうやって評価されるということは気持ちのいいものですし、改めて自分自身の”売り”となるスキルを確認する事ができました。

人それぞれ得意とするスキル、売りとなるスキルは異なります。
Thank Uには、様々なスキルを持ったエンジニアがいます。
私が言うのもおこがましいですが、一流のスキルを持った者ばかりです。
ECサイト構築やシステム開発の案件はもちろん、今回のように足りないリソースを補うお手伝いも致します。
リソース不足に起因する機会損失をThank Uで補うことができれば幸いです。
お困りの事があれば、是非Thank Uまでお問い合わせ下さい。

Thank U設立後、2ヶ月が経過しました。

Thank Uを2008/7/1に設立してから、2ヶ月が経過しました。
Thank Uを設立してから、より一層時間の経過が早く感じます。

さて、8月を振り返ってみると、8月は7月以上に実りの多い月となりました。
なんと言っても、11月の単月目標を、8月に達成することができたことはスタッフ共々大きな自信となりました。
猛暑の中、営業に走り回った甲斐がありました。かなり体力的には厳しかったですが・・・
もちろん、スタッフの頑張りも大きな要因です。
Thank Uのスタッフ(外部のSOHOさん含め)は、本当に素晴らしいエンジニアばかりです。

しかしながら、喜んでばかりもいられないというのも現実です。

8月に受注した案件の6割はまだ開発中もしくは未着手の状態です。
これらの案件に関しては、お客様に満足して頂けるよう、これからしっかり頑張らなければなりません。

数社のクライアント様にはリピートで発注を頂いていますが、まだまだ新規顧客の開拓は必要です。
私が営業へ注力すれば、開発へ投入できるリソースが減り、開発チームの負担が増えます。

大きな案件は資金繰りの問題から、受けたくても受けれないことがありました。
ベンチャーキャピタルからの問い合わせもあるので、そういったところからの資金調達も検討する必要があるのかもしれません。

今後は、これらの問題と向き合い、しっかり解決して行かなければ一回りも二回りも大きくなれないんでしょうね。
成功されている方からのアドバイスも受けながら、着実に一歩一歩前進したいと思います。
今後とも、Thank Uを宜しくお願い致します。