osCommerce(osコマース)からEC-CUBEへの移行事例

Thank U - WEB・モバイル・携帯 システム開発、ECサイト構築、サイト制作、オープンソース(EC-CUBEa,Movable Type,WordPress,xoops)-osCommerceからEC-CUBEへの移行事例

以前記事を書きましたが、昨日osCommerce(osコマース)からEC-CUBEへ移行したサイトがリニューアルオープンしました。

美肌マニアのセレクトショップ『CREOLE(クレオール)』

EC-CUBEのデザインテンプレートを利用し、画像はすべて旧サイトのものを再利用しました。

元々は管理機能が充実している点、使い易い点から、osCommerceからEC-CUBEヘ移行したのですが、デザインテンプレートを利用することによりデザインが一新されたと言っても良いほど印象が変わりました。
また、旧サイトの画像という資産を活用することにより、かなり格安で対応することができました。

■トップページの比較。
上が旧サイト、下がリニューアル後です。

■商品一覧ページの比較。
上が旧サイト、下がリニューアル後です。

■商品詳細ページの比較。
上が旧サイト、下がリニューアル後です。

ご覧頂ければお分かりになりますが、旧サイトの画像を再利用しているにも関わらず、サイトの印象はガラリと変わりました。

EC-CUBEのデザインテンプレートと、旧サイトの資産を組み合わすことで、格安にサイトをリニューアルすることが可能です。
Thank Uでは、ご予算に合わせたご提案をさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

新作美容液の打合せと、osCommerce(osコマース)からEC-CUBEへの移行

昨日、代官山にて新作美容液の打合せに参加させて頂きました。
なんだか、場違いですよね・・・

実は、現在、コスメ商品を扱われているクライアント様から、osCommerceからEC-CUBEヘ移行するお仕事を頂いています。
今回は、あくまでosCommerceからEC-CUBEへ乗り換えることを第一の目的としている為、デザインはほとんど変更せず、システムとデータを移行するという案件です。
ですが、今後はサイトデザインのリニューアルやキャンペーンページなどのデザインもご依頼頂く予定となっており、その延長でパッケージのデザインもご依頼頂きました。

しかも、自社開発製品第1号となる美容液!
社運を掛けている製品でもあります。
そのような商品のデザインをご依頼頂けるなんて、なんともありがたいという感謝の念ともに、荷が重過ぎるお仕事に緊張感を持って取り組ませて頂いています。
また、美容コンサルタント、美容アドバイザーと呼ばれる方との打合せは、滅多にできないので楽しませて頂いています。
発売は4月を予定されていますので、具体的に決まりましたら、本ブログにてご報告させて頂きます。

あと、なぜクライアント様がosCommerceからEC-CUBEヘ乗り換えられるかと言いますと、EC-CUBEの管理機能の充実と管理画面の使い易さに魅力を感じて頂いたからです。
osCommerceは海外で開発されたものですので、管理画面は日本人にはかなり使いづらいものとなっています。
(海外のオープンソースを利用した方なら分かると思いますが、海外のシステムというものは管理画面が随分と分かりづらく使いにくいです。)
また、明らかに機能としてEC-CUBEの方が勝っています。
osCommerceからEC-CUBEヘ乗り換えることにより、管理業務の負荷軽減、作業の効率化が図れます。
そう言った面でも、EC-CUBEをご検討頂ければと思います。

不況だからこそIT投資を

昨日は日経平均株価がバブル経済崩壊後の安値を下回る場面もあり、不況もまだまだ底が見えない状況です。
不況の中、余儀なく事業を縮小する企業もあれば、積極的に事業に投資する企業もあります。
Thank Uにお問い合わせ頂く企業様は、もちろん後者です。
ECサイトの新規構築、ECサイトのリニューアル、新サービスのシステム構築、社内システムの導入・刷新など、積極的にITへ投資されています。
中には融資を受けてまで、新規事業へ投資する企業様もいらっしゃいます。

そのような企業様と打合せをしていると、不況など忘れてしまいます。
前向きに事業を展開しようとする企業様からはパワーを頂きます。
そして、決まっておっしゃることは『不況の今がチャンス』ということです。
Thank Uにとっても今がチャンスだと思っています。
今年は色々と動きたいと思います。

ところで「システムは高額」という意識の方がまだまだ多いようです。
確かに、お客様のご要望通りにゼロからシステムを開発する場合は高額になりがちです。
しかし、オープンソース(無料で配布されているシステム)を利用すれば、ご予算に合わせてシステムを構築することも可能です。
現在では、様々なシステムがオープンソースとして提供されています。
ECサイト、ブログ、CMS、SNS、wiki、営業支援システム、顧客管理システム、グループウェアなど挙げ出したらキリがありません。
Thank Uでは、オープンソースを利用したシステム構築をご提案することが可能です。
不況だからこそ、是非とも積極的に(かつ無理のない)IT投資をして頂きたいと存じます。

賃貸住宅探し、8割が「不動産屋のWEBサイトで検索」

賃貸住宅探し、8割が「不動産屋のWEBサイトで検索」CNET Japan
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20388253,00.htm

賃貸住宅を探すとき参考にするもの
1位「不動産屋のWEBサイトで検索」が79.7%
2位「無料の賃貸住宅情報誌」が55.2%
3位「直接不動産屋に行く」「その他インターネットで検索」がそれぞれ50.5%

特に、1位「不動産屋のWEBサイトで検索」は79.7%で、性別、年代別を問わず2位以下を圧倒してトップだったとのこと。

現在、Thank Uでは不動産物件検索システムを開発中です。
恐らく今月中には発表できると思うのですが、街の不動産屋さんが気軽に導入できるように、機能も主要なものに絞り低価格での提供を考えています。

CNETの記事にかこつけて、宣伝させて頂きました。

安かろう悪かろう

「発注したシステムがバグだらけの状態で納品され困っている。」
「必要な機能が実装されていない状態で納品され困っている」
Thank Uへお問い合わせ頂く方にもそのような方が少なからずいらっしゃいます。
昨日打ち合わせをしたお客様もそうでした。

(法人に比べ)責任感のないSOHOやフリーランスエンジニアが請けているケースが多いと思いきや、法人が請けているケースも意外に多いです。
そのような案件は、往々にして超格安です。
つまり「安かろう、悪かろう」です。

発注者は、価格が安いのには理由があるということを理解しておく必要があります。
・エンジニアの賃金が安い(=スキルが低い)
・少人数(場合によっては1人)で開発する(=各作業が疎かに、またテストが甘くなり、不具合発生率が高くなる)
・お客様の要件のヒアリング作業を省く(=要件漏れ、機能がない、機能が異なる)
・設計作業を省く(=要件漏れ、拡張性のないシステム、不具合発生率高)
・テストを省く(=不具合発生率が高くなる)
などなど

確実な方法ではないですが、リスクを避ける方法は、システム開発会社に詳細な見積を作らせることです。
「システム一式いくら」ではなく、「機能を洗い出させ機能ごとに金額を記載させる」のです。
お客様は機能に対する料金が妥当かどうかを判断するのは難しいと思いますが、機能に抜けがないかをチェックすることはできます。
見積の段階で、必要な機能を把握できている開発会社は、それだけシステム要件を理解しているということです。
そのような開発会社から見積の安い会社を選べばいいのです。

あとは、システムが仮納品された時に、発注者がしっかりテストすることです。
システムを作るのは他人に任せればいいですが、テストは必ず発注者の手で行うことが必須となります。

この2点を遵守するだけでも、出来上がって来るシステムは違って来ます。(少なくともボロボロのシステムが納品されるということはないでしょう)

Thank Uでは、長年のシステム開発で培ったノウハウ、スキルがございます。
その為、お客様の要件を的確に掴み、かつバグのないシステムを作ることが可能です。
EC-CUBEによるECサイト構築、Movable Typeによるサイト構築、そしてゼロからのシステム構築をご検討の方は是非Thank Uまでお問い合わせ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

もう1/9ですよ。で、今後について少し考えてみた。

早くも2009年は40日が経過しました。

40日と言えば、1年の1/9です。
時間の経過が早くて、なんだか恐ろしいです・・・

40日も1日1日の積み重ねな訳で、そう言った意味では今日という1日を確実に有意義にすることが、2009年という1年を素晴らしい年にするのだと思います。
1日が終わる度に「今日を無駄にしなかったか?」を自問自答しています。
答えは「無駄だらけ」が多いのですが・・・

Thank Uはあと5ヶ月ほどで1年を迎え、7/1から2年目に突入です。
とりあえず順調ですが、近い将来には法人化も視野に入れないといけないだろうし、でも今のままでも様々なお仕事を頂け、そこそこの暮らしはしていけるし、だったら法人化の必要がないのでは?などと考えたりします。

きっと、金銭的満足以外に、「自分(たち)で稼いでいる」ということに充実感を感じていて、現状で充分に幸せなんだと思います。
金銭的満足以上に、精神的満足が得られているということですね。
その為、法人化の意味がイマイチ見えづらくなっています。
今年の目標は立てていますが、法人化は目標には入っていません。
もちろん、法人化するメリットは理解していますし、取引先様から法人化を勧められることもあります。

と、法人化についてたまに考えることがあるのですが、その度にループ処理に陥ります・・・

で、結論としては、『一人でも多くのお客様に喜んで頂けることを第一の目的としThank Uを運営し、その結果法人化の必要に迫られれば法人化すればいい。』です。

あまり形にこだわらず、Thank Uの存在意義を常に意識しようと思います。

Thank Uは、今後もお客様のことを第一に考え、そしてお客様のビジネスを成功に導く為のお手伝いをして行きたいと思います。

ECサイト運営者様からの問い合わせが増えて来ました | EC-CUBE

昨年末はかなり問い合わせが多く、対応だけでも結構大変だったのですが、年が明けて1月はガクンと問い合わせが減りました。
1月に問い合わせが減ることはある程度予想はしていましたが、不況ということもあり「このまま問い合わせが減るんでは!?」なんて内心ビクビクしていました。
やっと1月下旬から問い合わせも増えて来、2月に入ってからは昨年末と同じくらいの問い合わせ数、紹介案件数となりました。
とりあえず、ホッとはしています。

1月中頃に、SEOやら何やらを見直し、サイトのページも追加し、新規営業をしたのが功を奏したのだと思います。
お陰さまで、かなりの数の案件のお話を頂いています。
(かなりの数の案件と言っても、まだ受注前なので実際の受注案件数は減ることになりますが)

中でも、ECサイト運営者様、またはECサイト運営をご検討中の方からの問い合わせが増えました。
お客様から直接お問い合わせ頂けることは、本当にありがたいです。
直接ご依頼頂けるというのは、Thank Uに対して何かしらの期待(ECサイト構築ノウハウ、ECサイト構築実績、法人でないが故の低コストなど)があるということだと思いますので、そのご期待にお応えできるよう精一杯頑張りたいと思います。

ところで、Thank Uスタッフは、ただECサイトを構築しているのではなく、日々様々なECサイトを訪れECサイトについて勉強をしています
最近ではECサイトに関しては私よりずっと詳しくなり、私が危機感を感じているくらいです・・・
スタッフの日々の積み重ねが、いつかきっとお客様にとって素晴らしい提案となると信じています。
そして、私もスタッフに負けないよう素晴らしい提案ができるよう日々勉強したいと思います。

『ECサイトはThank U』と言われるよう頑張りたいと思います。