PGマルチペイメントサービス(GMOペイメントゲートウェイ) – 次世代決済システム

PGマルチペイメント

PGマルチペイメントサービス

PGマルチペイメントサービスは、ECにおける次代の決済基盤を担うシステム、マルチペイメント・フレームワークを構築し、多様な決済機能を統合したGMOペイメントゲートウェイ株式会社の総合決済サービスです。
2008年9月サービス開始なので、すでに2ヶ月強が過ぎています。
最近、PGマルチペイメントを利用したいというお客様が増えて来ました。
仕様書を取り寄せてみましたが、これはかなり魅力的なサービスですね。

決済手段としては以下があります。

  • クレジット決済
  • コンビニ決済
  • Pay-easy
  • モバイルSuica
  • Eddy

これらの決済手段が1つのシステムで処理・管理できます。
また、SaaS型サービスの為、多様な決済機能を一度で簡単に導入できる他、必要な決済手段をいつでも選択して導入・追加も容易です。
今後も新たな決済手段を取り込むことでシステムが成長し、PGマルチペイメントを導入しているECサイトはその恩恵を容易に受けることができます。
まさに次世代決済システムです。

さすがにインターネットの巨人。
やることが違います。
これで他の決済会社と、『システム的には』大きな開きができましたね。

以前の会社では、ECサイトを運営されいているお客様にとっては革新的なクレジット決済システムを構築しました。
多くのクレジット決済システムが、phpでシステム構築されている中、我々はJavaでシステム構築することを選択し、その結果、セキュリティ面で強固でありながら、様々な外部システムと接続できるだけの柔軟性を兼ね備えることが可能になりました。
また、それだけでなく、多くの画期的な機能を我々のシステムに実装しました。
しかし、残念ながら営業部にシステムを売り込む為のノウハウがなく、ECサイトへの効果的な導入はほとんどありませんでした。
折角、革新的なシステムを構築したにもかかわらず、以前のレガシーシステムと同じような営業しかできないことに、私を含め当時のエンジニアたちは減なりした記憶があります。
残念ながら、そのような会社では、やっぱり優秀なエンジニアは辞めて行きますよね。

ECサイトへの提案は、それなりにスキルが必要なので、テレアポ一辺倒の営業では難しいと思っています。
所詮テレアポ営業というものは、トークスクリプトがあれば学生のアルバイトでも行えます。(もちろん、営業初心者にとって、テレアポは営業の基礎を習得する為に必要なものですし、基礎だからこそ営業にとっては最も重要なスキルです)
しかし、ECサイトへの提案スキルは、システムに関する知識(センス)、ショップ運営全般に関する知識(センス)が必要なので、営業スキルに加えそれらのスキルを習得しなければいけません。
取引して頂いているデザイン会社さんはECサイトを専門に事業をされていますが、デザイン(商品の見せ方なども含め)、ユーザビリティからの提案は半端ないものがあります。
デザイナ(または出身者)の方がプログラマ(または出身者)より魅力的な提案ができるのではないかと思うこともあります。

さて、話が逸れましたが、以前の記事でも書きましたが、現在、このシステムを利用した決済サービスを開発中です。
また、予算の関係上話はなくなりましたが、EC-CUBE用のPGマルチペイメントモジュールを作成してほしいというお客様もいました。
それだけニーズがあるということですね。
GMOペイメントゲートウェイではEC-CUBEのモジュールを作成していると聞いていますが、早く完成して欲しいものです。

XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。

XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。

『XHTML+CSSデザイン | 基本原則、これだけ。』

HTML4.0の時に独学で勉強した後は、XHTML+CSSは何となくで使っていました。
そもそも、Thank Uはシステム開発をメイン業務としているので、そんなにがっつりコーディングすることはありません。
が、たまにデザインからスライス、コーディングすることも。

とりあえず、XHTML+CSSの基礎だけでもやり直しておこうと思って購入したのが、上の書籍。
標準的なサイト構築方法と、どうしてそうしなければいけないのか?という根拠が記されています。
また、本来XHTML+CSSでのコーディングは、デザインしたとおりのレイアウトを実現するものではなく、サイトにある情報を構造的に整理し、ユーザ、ブラウザ、検索エンジンに正確に伝えることを目的としていることを教えてくれます。
ある程度XHTML+CSSを使いこなしている人が復習するには最適の本です。

ただ、この本だけで、XHTML+CSSでのコーディングはできません。
全くの初心者には不向きな本です。

未だにtableタグでレイアウト組みをしているサイトを見ます。
何年も前に作られたサイトなら「仕方ないな」で済みますが、最近作られたサイトだったら制作会社のスキルを疑ってしまいます。

tableタグは、その名の通り『表組み』に使用するものですからね。

XHTML&CSSデザイン |基本原則、これだけ。/こもり まさあき

¥2,415
Amazon.co.jp

ECサイトにおけるクレジット決済サービスの選定

EC-CUBE ECサイト構築サービス

クレジット決済サービスの選定は、ECサイト構築において重要課題のひとつです。
Thank Uでは、EC-CUBE,osCommerceによるECサイト構築を行っていますが、その際に必ずと言って良いほどクレジット決済サービス(クレジット決済代行会社)の選定に関する助言を求められます。
助言だけでなく、代行会社との交渉・契約手続きのお手伝いもさせて頂くことがあります。

以下、クレジット決済サービス(クレジット決済代行会社)の選定のポイントを記します。
少しでも参考にして頂ければ幸いです。

1)クレジットカード以外の決済手段を必要とするか。
決済代行会社によっては、取り扱いしていない決済手段があります。
また、取り扱い商品の特徴をしっかりと把握しておく必要があります。
Thank Uのクライアントには、商品購買層(例:クレジットカードを持たない若年層)を考え、代引きのみと割り切っているECサイト様もいらっしゃいます。

2)決済画面(カード情報入力画面)を独自デザインにしたいか。
決済代行会社によっては、代行会社のデザインでしか利用できない会社もあります。
ブランドイメージを大切にするサイトの場合、決済画面まで独自デザインにしたいという要望が強い為、これを理由に代行会社を絞られるECサイト様が多いです。

3)費用について
・初期費用
 サービス利用開始時に必要とする費用
・月額利用料
 サービス利用に際して必要とする月額費用
・処理手数料
 決済処理を行う為の手数料。
 決済が成功した時はもちろん、決済が失敗した場合にも手数料を徴収する会社もあるので要注意です。
・与信料
 決済する前に、そのクレジットカードが充分な与信額が残っているかを確認する与信処理に掛かる手数料。
この与信料はほとんどの会社が徴収しませんが、数社は徴収しています。

上記費用は、平均単価、月の商品数、1回あたりの決済額、月間決済額、月間決済処理数などを考慮の上、検討する必要があります。

4)支払いサイクルについて
会社の資金繰りにも影響を及ぼしますので、締め日と支払い日をしっかりチェックしておく必要があります。

5)利用できるクレジットカードブランド
EC-CUBEで利用できる決済代行会社のほとんどは、すべてのカードブランドが利用できるので安心です。
・JCB
・VISA
・Master
・AMEX
・Diners

6)サブプライムローンの影響
最近良く尋ねられるのがサブプライムローンの影響はないのか?ということです。
サブプライムローン破綻の次は、クレジットカードローンではないかという噂もあるぐらいです。
クレジットカード業界、そしてクレジットカード決済代行業にも、今後半年~1年の間になんらかの影響は出てくると思います。
それがどのような影響かは分かりかねますが、ある程度の企業規模の決済代行会社を選択しておく方が良いかもしれません。
また、海外(アメリカ)のクレジット会社と契約している代行会社もあります。そのような代行会社はサブプライムローンの影響を直接受ける可能性もありますので要注意です。
決済代行会社は一時的にであっても売上を預けるところです。
決済代行会社から、売上(決済代金)が回収できないなんてことがあっては大変です。
実際サブプライムローン破綻後、「経営が危ないのでは?」と聞く決済代行会社もあります。
是非とも良くご検討下さい。

以下、EC-CUBEで利用できる決済代行会社です。
これらの会社は企業規模も大きく、安心して決済を委託出来る会社だと思います。
F-REGI(エフレジ)
ソフトバンク・ペイメント・サービス
サイバーソース
ソフィア総合研究所
GMOペイメントゲートウェイ
ゼウス
ペイジェント
ゼロ
ルミーズ
イプシロン

Thank Uは、EC-CUBE正規シルバーパートナーで、EC-CUBEによるECサイト構築の実績がいくつもございます。
もちろん、クレジット決済サービス(決済代行会社)の選定のお手伝いもさせて頂きます。

ECサイトの新規構築、既存ECサイトのリニューアル、楽天・Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールから独自ECサイトへの切り替えをご検討されている方は、是非Thank Uまでご相談下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

ただ今システムに障害が発生しております

ただ今システムに障害が発生しております

今日、ある手続きをする為に某役所まで行って来ました。
必要書類を提出し、手続きが完了するのを待っていると、
「あ、また固まった。」「あれ、こっちも」「!!全部ダメ」という声があちこちから。

なんだか嫌な予感がすると思っていると、案の定サーバへの接続ができなくなり(実際にはサーバがダウンしているのかも?)、手続きが出来なくなったとのこと。
しかも復旧の目処なし。
ただ、必要書類はすべて提出したので、復旧後手続きを行ってくれるとのことでした。

帰り際ドアを見ると、来る時にはなかった「ただ今システムに障害が発生しております」という貼り紙が寂しく貼られていました。
システム開発に携わる者として、システムの安定性の重要さを痛感した日でした。

サイト(フォーム)からの問い合わせが増えて来ました

Thank Uのサイトがオープンしてから3ヶ月が経過しました。
嬉しいことに、最近サイトからの問い合わせが増えて来ました。

問い合わせの多い順に列記すると、
・PHPによるシステム開発(PC、モバイルともに)
・EC-CUBEカスタマイズ
・Movable Typeカスタマイズ
・その他、オープンソース(OSS)カスタマイズ
・開発パートナーへの応募
・Thank Uへの営業
となります。

ただ、サイトからの問い合わせに対するクロージング率が、プッシュ営業のものより低くなっています。
Webの性質上気軽にお問い合せ頂いていたり、相場観の把握の為お問い合せ頂くことが多いのでしょうが、まだまだ当方の提案内容が未熟であることが原因だと思います。
対面での提案はかなりご好評を得ていますので、今後はサイトからの問い合わせに対する提案について試行錯誤しながらスキルを付けて行きたいと思います。

Thank Uでは、どのような内容でも迅速かつ正確に対応させて頂きます。
どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

ソニーグループ、FlashやめてAjaxでリニューアル

ソニーグループ、FlashやめてAjaxでリニューアル

ソニーグループ、FlashやめてAjaxでリニューアル

ソニーのリニュアルサイトは良くできています。
Ajaxの嫌みのない使い方をしていてとても好感が持てます。

最近、Flashの案件が減って来ていると聞きます。
FlashはSEO的にもよろしくないし、Flashで実現していた動きは今となってはAjaxで充分実現できます。
この調子だと数年後にはFlashの使い方も限定されたものになるかもしれませんね。

EC-CUBE インテグレートパートナー ノーマルよりシルバーに昇格致しました

EC-CUBE インテグレートパートナー シルバー

EC-CUBEインテグレートパートナー:http://www.ec-cube.net/integrate/partner/index.php

この度、Thank Uは、株式会社ロックオン様の厳正なる審査の結果、EC-CUBEインテグレートパートナーのパートナーランクが「ノーマル」より『シルバー』に昇格致しました。

「ノーマル」の登録が2008/8/22、『シルバー』への昇格が2008/9/16で、ノーマルパートナー登録から1ヶ月も満たずにシルバーパートナーへ昇格したのは前例のないことのようです。

最近では、EC-CUBEを物販用ECサイトとしてカスタマイズするだけでなく、
・ダウンロード販売サイト へカスタマイズ
・会費徴収・会員管理システム へカスタマイズ
・寄付金サイト へカスタマイズ
など、EC-CUBEの使いやすいフロント機能、充実した管理機能をベースにし、ECサイト以外のシステムを構築するという開発も行っています。
これらは、ベースが高機能なEC-CUBEだからこそできるカスタマイズです。

パートナーランク昇格を機に、益々EC-CUBEを利用したECサイトの提案・構築に励みたいと思います。
それと伴に、インテグレートパートナー『シルバー』の名に恥じないよう、より一層精進致します。
今後とも、Thank Uを宜しくお願い致します。

『EC-CUBEによるECサイト構築サービス』

Thank Uでは、EC-CUBEによるECサイト構築の実績がいくつもございます。

ECサイトの新規構築、既存ECサイトのリニューアル、楽天・Yahoo!ショッピングなどのショッピングモールから独自ECサイトへの切り替えをご検討されている方は、是非Thank Uまでご相談下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム