CEBO | セボ マウンテンブーツ

1900年代にBETTA氏により設立されたBETTA SHOES社。
第二次大戦後、チェコスロバキアの国営企業化されると同時にCEBO(セボ)と社名を変更。
ちなみに、CEBOとは「チェコスロバキアシューズ」を略したもの。
フランス空軍、ベルギー陸軍などの軍用シューズ、ラバーソール、ゴム製品を中心に手掛ける老舗ブランド。

1960年以降、アディダスやプーマなどの下請工場として大量にスニーカーを世に送り出し、更に1970年代後半からはナイキ、リーボック、K−スイス等、あらゆるスポーツメーカーの製造を請け負う。
そして、現在は自社ブランドやDIESEL、CLARKSなどヨーロッパの一流シューズブランドの靴も製造。

マウンテンブーツは、PARABOOT AVORIAZ(パラブーツ アヴォリアッツ)を持っているけど、暖かくなるともう少し軽快なブーツを履きたい。
ということで、CEBOのマウンテンブーツ水色(アズーロ)を購入。
AVORIAZと比べると価格が安い分、履き心地も劣る。
AVORIAZが良過ぎるとも言えるけど。

初夏までは活躍しそう。
逆に、真冬にこれくらい足元が軽快でもありかなと思ってるんだけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです