初代iPadとiPad2を比較してみる

iPad2を購入したので、初代iPadと比較してみる。
iPad2を丸1日使用してみての感想は、やっぱり軽く薄くなったことは使用に際してかなりの快適さを提供してくれる。
正直なところ、初代iPad使うくらいならMacBook Airを使った方がよく、リビングでのiPadの出番はあまりなかった。
けど、iPad2並みの軽さと薄さであれば、ソファの上では手放せなくなる。
恐らく初代iPad以上に使用頻度が高くなることは間違いない。

でも、もう少し欲を言わせて貰えれば、「もっと薄くもっと軽く」を希望するところ。
時間が解決してくれるだろうから、毎年(?)のバージョンアップを心待ちにすることにしよう。
個人的にディスプレイの大きさはこれより小さいのは要らない。

速度に関しては、体感的にも速くはなったけど、劇的に速くなったとは感じなかった。
と言っても、まだネットサーフィンと電子書籍、YouTube閲覧くらいしかしてないけど。

カメラはiPadの可能性を大いに広げてくれることは間違いないが、シャッター音はどうにかして欲しい。
しかも、iPhone同様かなり大きなシャッター音だし。。。

まだ1日しか使ってないけど、初代iPadとiPad2との違いは意外に大きいと感じた。
また、このデバイスはまだまだ進化するだろうことを予感させられる。

以下、画像をたっぷり掲載したので、是非ご参考に。

まず、箱から。
左が初代iPad、右がiPad2。

 

こうやって見ると高さが結構異なる。(左が初代iPad、右がiPad2)

 

 

 

下が初代iPad、上がiPad2。
横幅もiPad2が狭くなっている。

 

 

左が初代iPad、右がiPad2。
内装も変更されてる。
マニュアル類が小さくなっている。(資源の節約?)

 

 

左が初代iPad、右がiPad2。
表はほとんど変わりがない。
上部にカメラがあるかないかくらいの違い。

 

 

こうやって見ると、iPad2の薄さが分かる。

 

 

下が初代iPad、上がiPad2。
薄型化に際して、スピーカーの位置、形状が変更されている。

 

 

 

右側側面。
下が初代iPad、上がiPad2。

 

ボリュームコントロール。

 

上部。

 

下が初代iPad、上がiPad2。

 

 

 

左側側面。
下が初代iPad、上がiPad2。

 

背面。
左が初代iPad、右がiPad2。

 

初代iPadの方が、中央部分にかけて盛り上がっている。
一方、iPad2は側面は丸みを帯びているけど、背面は真っ平ら。

 

 

スピーカーの形状がかなり変更されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです