男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで/落合正勝

落合正勝
今では当たり前のように使われるようになった「クラシコイタリア」という言葉を日本に広めた方。
氏が「クラシコイタリア」を提案した当時は、アルマーニを筆頭とするモーダ(=モード)系が全盛の時代。
流行・モードを追い求めることが「お洒落」とされていた中、氏の「ファッションには、普遍的なクラシックがある」という概念は、とても新鮮だった。

その落合氏が、スーツの着こなしの基本を書いた『男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで』。
副題は「スーツの着こなしから靴の手入れまで」。
男の服装術/落合正勝

僕は本書でスーツスタイルの奥の深さを知り、スーツを着こなすことが一人前の男性の条件であるとの考えを持つようにさえ。

何事もそうだけど、まずは基本が大事。
基本をしっかり理解し、身に付けておかなければ、自分流は築けない。
そういう僕は基本さえがまだまだできてないけど。。。

残念ながら、落合氏は昨年2006/8/7に咽頭がんで亡くなられた。
クラシコイタリアを日本に広め、日本におけるスーツスタイルのあり方を変えた氏に敬意を表すとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

■落合 正勝
東京・築地生まれ。立教大学法学部卒。
『ジャパンタイムズ』を経てフリーに。評論家。
ファッション誌『MEN’S EX』の人気連載「エレガンスへのこだわり」をはじめ、多数の連載を抱える。
『クラシコ・イタリア礼賛』など、服飾に関する著作は海外でも高い評価を得ており、1997年、伊・フィレンツェ市長よりイタリアのファッション批評が評価され「ベスト・ペン・プライズ」受賞。
98年にはイタリアのクラシック・ファッション批評により、東洋人として初めての「クラシコ・イタリア大賞」受賞。

メンズファッションに関する著作は以下の通り。
『クラシコ・イタリア礼賛』『男の服 こだわりの流儀』『男の服装 お洒落の基本』『男の服装 お洒落の定番』『こだわりの服装術』『落合流、お洒落術。』(以上、世界文化社。

このうち『男の服装 お洒落の基本』は韓国語版も刊行される)、『もちもののものさし』『「紳士」と呼ばせる服装術』(以上、小学館)、『ダンディズム』(光文社)、『男の装い』(講談社)、『「男」お洒落指南』(主婦と生活社)、『新版 男の服装術』『新版 男の服装術 カジュアル編』『男の変身術』(以上、PHP研究所。このうち『新版 男の服装術』『男の変身術』は台湾版刊行が決定)。

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです