安かろう悪かろう

「発注したシステムがバグだらけの状態で納品され困っている。」
「必要な機能が実装されていない状態で納品され困っている」
Thank Uへお問い合わせ頂く方にもそのような方が少なからずいらっしゃいます。
昨日打ち合わせをしたお客様もそうでした。

(法人に比べ)責任感のないSOHOやフリーランスエンジニアが請けているケースが多いと思いきや、法人が請けているケースも意外に多いです。
そのような案件は、往々にして超格安です。
つまり「安かろう、悪かろう」です。

発注者は、価格が安いのには理由があるということを理解しておく必要があります。
・エンジニアの賃金が安い(=スキルが低い)
・少人数(場合によっては1人)で開発する(=各作業が疎かに、またテストが甘くなり、不具合発生率が高くなる)
・お客様の要件のヒアリング作業を省く(=要件漏れ、機能がない、機能が異なる)
・設計作業を省く(=要件漏れ、拡張性のないシステム、不具合発生率高)
・テストを省く(=不具合発生率が高くなる)
などなど

確実な方法ではないですが、リスクを避ける方法は、システム開発会社に詳細な見積を作らせることです。
「システム一式いくら」ではなく、「機能を洗い出させ機能ごとに金額を記載させる」のです。
お客様は機能に対する料金が妥当かどうかを判断するのは難しいと思いますが、機能に抜けがないかをチェックすることはできます。
見積の段階で、必要な機能を把握できている開発会社は、それだけシステム要件を理解しているということです。
そのような開発会社から見積の安い会社を選べばいいのです。

あとは、システムが仮納品された時に、発注者がしっかりテストすることです。
システムを作るのは他人に任せればいいですが、テストは必ず発注者の手で行うことが必須となります。

この2点を遵守するだけでも、出来上がって来るシステムは違って来ます。(少なくともボロボロのシステムが納品されるということはないでしょう)

Thank Uでは、長年のシステム開発で培ったノウハウ、スキルがございます。
その為、お客様の要件を的確に掴み、かつバグのないシステムを作ることが可能です。
EC-CUBEによるECサイト構築、Movable Typeによるサイト構築、そしてゼロからのシステム構築をご検討の方は是非Thank Uまでお問い合わせ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです