MEN’ S Precious 2009年秋冬号とSnap LEON vol.2

久しぶりにファッション雑誌を購入しました。
2年ぶりかな?
最近は書店やコンビニでチラ見しても、買いたいと思うほどのファッション雑誌がないのですが、この2冊に関しては単純にお金を出してでも欲しいなと思いました。

MEN’S Precious 2009年秋冬号』と『Snap LEON vol.2

メンズプレシャス
MEN’S Preciousは、高級服ばかり掲載されています。
スーツが50万円とかジャケットが30万円とか・・・
誰もが知っているようなメガブランドのものは載っていません。
私自身、そういうブランドに興味がありません。
もちろん、否定はしないですが、衣服を身に着けているというよりも、ブランドを身に纏っている感じが嫌いなんです。
センスの無さや、人間の中身の無さをブランドで補っているような気がして。
じゃ、ユニクロの服で良いのかって言うと、そうでもなくて。
それなりの年齢を重ねているので、身に付けるものもそれなりのこだわりや品質が必要だと思っています。
品質(素材、縫製、デザイン)が良いものはやはりそれなりの金額はします。
50万円のスーツや、30万円のジャケットや、5万円のシャツは必要ないと思いますが。
(もちろん、衣服に対する価値観は人によって異なります。まったく興味のない方もいるからすれば、衣服にお金を掛ける行為自体馬鹿げてたりするんでしょうね。)
という訳で、目を養う為に購入した本です。
今までは、半年に1冊発行されていたそうですが、次回からは季刊誌になるそうで、そこそこ売れているようです。

続いては、『Snap LEON vol.2』。
サンクユー - WEB・携帯 システム開発、ECサイト構築、サイト制作、EC-CUBEカスタマイズ、Movable Typeカスタマイズ、SEO-Snap LEON vol.2
ちょいワルおやじ』というキーワードを生み出した雑誌ですね。
商品には、ターゲットやコンセプトを明確にする必要がある訳で、そう言う意味では「ちょいワルおやじ」は明確で、男性なら誰もが憧れるコンセプトです。
かつ、「ちょいワルおやじ=女性にモテる」という方程式を前面に押し出したお陰でブームを作ることができました。
別に私は「ちょいワルオヤジ」を目指している訳ではないです。
ただ、このSnap LEONはイタリアでのスナップ写真のみという別冊になります。
私はスナップ写真が好きで、雑誌が押し売りするようなコーディネートには興味がありません。
所詮、雑誌なんて商社やメーカーと手を組んで流行を作ろうとしている訳ですから。
サンクユー - WEB・携帯 システム開発、ECサイト構築、サイト制作、EC-CUBEカスタマイズ、Movable Typeカスタマイズ、SEO-Snap LEON vol.2

サンクユー - WEB・携帯 システム開発、ECサイト構築、サイト制作、EC-CUBEカスタマイズ、Movable Typeカスタマイズ、SEO-Snap LEON vol.2

で、LEONを立ち上げ「ちょいワルオヤジ」というコンセプトを作った岸田一郎氏はLEONを去り、当時の主要メンバーもLEONを去り今では『OCEANS』という雑誌を作っています。
岸田一郎氏は『zino』という雑誌を創刊しましたが、1年後には廃刊になってしまいました。
ターゲット年収千万円以上の富裕層でしたからね。ちょっと無理があったのかもしれません。
一方、OCEANSは「カッコいいパパ」をコンセプトにしています。
出版業界も、ファッション業界も厳しいようですが、同世代の方には頑張って貰いたいです。

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです