Mac OS X Server(Snow Leopard Server)でSubversion

会社では、ソースのバージョン管理にSubversionを採用しています。
Mac OS X Server(Snow Leopard Server)には、既にSubversionがインストールされているので、以下の設定のみで利用可能。

■Subversion設定
リポジトリ用ディレクトリを作成し、リポジトリを作成。
ブラウザからのアクセスを可能にする為所有者を変更します。

cd /Thank\ U
mkdir svn
cd svn
svnadmin create repo
sudo chown -R _www:wheel repo

■httpd.conf編集
httpd.confを編集し、WebDAVを利用可能に。

sudo vi /etc/apache2/httpd.conf

以下の通り編集

#LoadModule dav_svn_module /Applications/redmine-0.9.2-0/apache2/modules/mod_dav_svn.so

■httpd_svn.conf作成
httpd.confでもいいですが、subversion用にconfファイルを作成し設定。
その前に、httpd.conf以外のコンフィグファイルも読み込むように設定されている必要あり。

sudo vi /etc/apache2/sites/http_svn.conf

以下の通り編集

<Location /svn/repo>
DAV svn
SVNPath /Thank\ U/svn/repo
</Location>

■subversionインポート

cd /Thank\ U/import
svn import file:///Thank\ U/svn/repo -m ‘initial imprt’

定義されているエディタがないとエラーが発生するので以下を実行。

export EDITOR=vi

ちなみに、エラー内容。

svn: Could not use external editor to fetch log message; consider setting the $SVN_EDITOR environment variable or using the –message (-m) or –file (-F) options
svn: None of the environment variables SVN_EDITOR, VISUAL or EDITOR are set, and no ‘editor-cmd’ run-time configuration option was found

とりあえず、ここまで。

参考サイト
Using Subversion with Xcode 3 on Mac OS X Leopard
Subversion server on Snow Leopard server

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです