Mac内の動画をiPadでリモート再生できる「Air Video」

売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

「Air Video」
Thank U(サンクユー)|売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

Mac(もちろんPCも)内に保存している動画をiPadからリモートで再生できるアプリ。
元々iPhoneアプリですが、iPadに最適化されました。
動画をiPadに格納する必要がないので、iPadの容量も気にする必要がないってのがいいですね。
今のところは、iPad16GBで正解だったようです。

母艦となるMacとiPadにそれぞれアプリをインストールし、共有フォルダを設定するだけでiPadから動画を参照、再生することができます。
設定が至って簡単なのもいいですね。
また、グローバル環境にも対応しているので、外出先から自宅のiMacの動画を再生することが可能です。
今回は、ローカル環境だけの設定に留まりますが、機会があればグローバル環境の設定を行いたいと思います。

iMacで「Air Video Server」を起動するとタスクバーにアイコンが現れます。
そのアイコンで操作をすることになります。
設定は『Server Preferences』で。
Thank U(サンクユー)|売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

『Share Folders』の[Add Disk Folder]をクリックして、動画を共有するフォルダを選択。
iTunesプレイリストも選択することが可能です。
Thank U(サンクユー)|売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

『Share Folders』の[Require Password]でパスワードを設定すれば、共有フォルダへアクセスする際にパスワードが必要となります。
念の為パスワードは設定しておく方がよいでしょう。
Thank U(サンクユー)|売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

上記設定だけでiPadからiMacの共有フォルダへアクセスすることができます。
iPadで「Air Video」を起動すると、左側に共有フォルダおよび動画が表示されます。
中央から右側のエリアに動画が再生されます。
もちろん、フルスクリーンで再生することも可能です。
Thank U(サンクユー)|売れるネットショップ開業・運営|EC-CUBEインテグレートパートナー-Mac内の動画をiPadでリモート再生「Air Video」

iPadのディスク容量は、最大の64GBであってもMacと比べると小さ過ぎるので、なるべくiPadにはデータを格納せず母艦となるMacやPCでデータを管理する。という方法がいまのところ賢明な利用方法かなと思います。

この記事をご覧の方は、これらの記事もご覧頂いているようです