mod_ktai(モッド・ケータイ) – 絵文字や画像をモバイル端末にあわせて自動変換するApacheモジュール

ゆめみは7月15日、モバイルサイト開発向けに、絵文字や画像を端末にあわせて自動変換できるApacheモジュール「mod_ktai(モッド・ケータイ)」を公開した。CNETの記事

これ、Apacheのモジュールなんですね。スゴイ。

メリットとしては、

  • Apacheのモジュールなので、開発言語に依存することなく利用することが可能
  • 携帯サイトでは必須の機能を共通化することにより開発効率のアップ・品質保持が図れる
  • Apacheモジュールの為、処理速度が早い(ただApacheへの負荷が気になりますが・・・)

てなもんでしょうか。

7月15日の第一弾公開では、「機種判別」「絵文字変換」の2つのモジュールが公開。
第二弾の公開は、「画像変換」を計画とのこと。

以前お伝えしたMobaSiFもそうでしたが、最近は携帯サイト、携帯システム関連のオープンソース化が加速して来ていますね。

素晴らしいことです。

開発担当者は、「当初3月末公開から、大幅に遅れてしまいましたことお詫び申し上げます。ゆめみLabsでの公開なので、製品としての発表ではありませんが、企業へサーバを提供されている会社様や、個人でサーバを立てていらっしゃる方も含めて多くのエンジニアに使っていただければ幸いです。」と述べています。
とゆめみのサイトにあります。

エンジニアって、有償であろうが無償であろうが、自分が(自らの意志で)作ったモノ(システム、プログラム、デザイン)をより多くの人に使ってもらうことに喜びを感じます。

そこがエンジニアの原点でもあります。

だから、経営者はそこを良く理解してあげないといけないです。
エンジニア出身の経営者と非エンジニア出身の経営者のシステム開発会社の色が違うのはその辺りが理解できていない(もしくは技術ではなく利益のみに興味がある)非エンジニア出身の経営者の違いでしょうね。
いろんな会社を見て来ましたが、エンジニアが生き生きしているのはやはり前者です。
もちろん、非エンジニア出身の経営者でもしっかり理解されている方はいらっしゃいます。

少し話はズレましたが、今後のmod_ktaiに期待です。

Thank Uでは、迅速、かつ(比較的)低価格な携帯サイトの制作・開発が可能です。
携帯サイトの制作・開発については、是非Thank Uへお問い合わせ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

Mac版Firefox ショートカットキー

Mac版Firefoxの良く使用する機能のショートカットキーを自分用にメモ
(アドオンTag Mix Plusインストール環境)

coomand + , 環境設定を開く
coomand + N 新しいウィンドウを開く
coomand + T 新しいタブを開く
coomand + L URLを開く
coomand + K googleツールバーの検索キーワード入力フィールドへカーソル移動
coomand + W ウィンドウを閉じる
coomand + shift + W タブを閉じる
coomand + B ブックマークを開く
coomand + D ブックマークする
coomand + U ソースを見る
coomand + I ページの情報を見る
coomand + U ソースを見る
coomand + → 履歴を進む
coomand + ← 履歴を戻る
coomand + 数字 該当の数字が振られているタブへ移動
coomand + option + → 右タブへ移動
coomand + option + ← 左タブへ移動

印鑑

印鑑

台湾の銀行システムを構築するプロジェクトで、要件定義~基本設計をする為に1年間台湾に滞在していました。
滞在時に、台湾人の知人から勧められ兆元印社という印鑑屋さんで印鑑を作成しました。
何でも台湾では印鑑が開運に良いとされているらしいです。

私は紫白玉という石で印鑑を作ることにしました。

白玉は古くから高貴な人しか持つことができず、権勢と地位を表徴しているそうです。
また、白玉印鑑は契約を結ぶ際や大切な書類を交わす際に使用すれば、人気が上がって、競争相手が自分のことを尊敬するようになると聞きました。

こちらがケース。
木製で、かなりしっかり作られています。

これが印鑑。
一般的な印鑑の形とは異なるものをチョイスしました。

少し分かりにくいですが、蛇が象られています。

私の氏名が掘られています。

捺印する時はこんな風に持ちます。
なかなか洒落てるでしょ。

右半分が姓、左半分が名。

お陰様で、Thank U設立後この印鑑を使用する回数が徐々に増えて来ています。
朱肉が印鑑に染み込んでいく程幸運になるそうです。
印鑑が真っ赤に染まるよう今後益々頑張りたいと思います。

仕事はMacで

仕事はMacで

今年に入ってiMacとMacbookを購入してから、自宅での作業はすべてMacで行っていました。
もちろん、Thank U設立後も変わらず、私はMacですべての作業を行っています。

スタッフが使用しているパソコンがかなり年代物でかつノートなので、開発作業にバリバリ使用するという訳にはいかず、パソコンを購入することに。

あまりお金を使っている場合ではないので、5~6万円のWindows機を購入検討していましたが、思い切ってiMacを購入しました。

常々、私のMacの横にスタッフのWindows機があるのがとても気になっていました。

なんだか見た目が美しくない。
すっきりしない。
行く行くは事務所内をMacのみにしたい。
などなど

思い切った甲斐があり、かなりいい感じに仕上がりました。
作業スペースとしては、先日お伝えしたよりも大分まとまって来ました。
おまけにMac OS Xのユーザーインタフェイスに触れることでスタッフの刺激にもなっていて、今後Thank Uが作るシステムにもいい影響が出そうです。

いつの間にかApple製品が増えてます・・・

Windowsに比べると、Macはソフトウェアが圧倒的に少ないので、今後その点で苦労することがあるかもしれません。
ま、その苦労もMacなら楽しいんですよね。

サボテンの花 その2

サボテンの花

前回は7/5までの経過を記事 にしました。

その後の経過としては、7/6に大きな進展がありました。

7/6(日)の画像です。
朝の時点で莟が開きかけていました。

昼過ぎには、こんな状態に。
この日の夜が開花のタイミングだと確信しました。

夕方近くの状態。

やはり、夜に開花しました。

ただ、残念なのが花の上の部分が完全に開き切らないまま、花は枯れてしまいました。
う~ん、もったいない。
でも、今回が中途半端だったので、次回の楽しみができました。
次はいつのことか分かりませんが、気長に待とうと思います。

EC-CUBE one ! 〜 ECサイト構築はEC-CUBEで!

EC-CUBE one !

昨日7/7、株式会社ロックオンが『EC-CUBE one !』をリリースしました。
以前から噂はあったのですが、簡単に言えばEC-CUBEのASP化ですね。
EC-CUBEはダウンロード→インストールする必要があるので、すべてのユーザが簡単に導入。とは行きませんでした。
EC-CUBE one !は、それを解決する為のサービスと位置付けた方が良さそうですね。

EC-CUBE one !は、以下の3つのラインナップから成ります。

1.ASPのように低価格に利用を開始できる「エントリータイプ」(¥4,800-)
2.システムへのカスタマイズ制限を開放し、独自性の高いサイト構築が可能な「スタンダードタイプ」(¥8,400-)
3.サーバを専有化し、大規模ネットワークや基幹システムとの連携なども可能にする「エンタープライズタイプ」(¥50,000-)

現在、ECサイト構築する際にはOSCommerceよりもEC-CUBEが利用されています。
Thank Uにお問い合わせ頂きますが、明らかにEC-CUBEでのECサイトを構築されるお客様が多いです。
あとは、OSCommerceからEC-CUBEへ移行、乗り換えされるお客様も多いです。

EC-CUBE one !によって、益々EC-CUBEを利用したサイトが増えることでしょうね。

Thank Uでは、EC-CUBEの導入、カスタマイズ、OSCommerceからの乗り換えも行っております。

その際は、是非Thank Uへお問い合わせ下さい。

■Thank U お問い合わせフォーム

Thank Uの作業スペース

Thank Uオフィス

Thank Uのオフィスは1LDKのマンションを利用しています。
Thank U設立にあたり、作業スペースをどうしようか色々検討しました。
リビングが18畳あるので、当初はリビングに来客スペースと作業スペースを共有させようと思っていました。
と言うのも、部屋がメゾネットで、LDKが1階部分(実際には5階)、もう一部屋が2階部分(実際には6階)にある為、仕事スペースと生活スペースを完全に分断できるからです。

そのつもりで準備を進めていると、スタッフより「ここを作業スペースにしたらどう?」という提案が。
「ここ」というのは階段上の踊り場のことでした。
その踊り場は390cm x 120cmほどあるので、2名で作業するには充分。
その場所を作業スペースにしようと決めた理由は、そこからの眺めがいいこと。
スタッフから提案を受け、早速椅子を持って来て座ってみると、目の前がちょうど吹き抜けのガラス窓で、全面に広がる景色を見ながら仕事ができる爽快感がたまりませんでした。

で、こんな感じになりました。

実際には、写真以上の爽快感があります。

この眺めのおかげで、天気の良い日は仕事がかなり捗ります。

踊り場からベランダへ抜けるドアがガラス張りの為、横の景色も良く、かつ日中は室内灯をつけなくてもいいくらい明るいので、地味にエコに貢献できます。

夜はさすがに室内灯をつけますね。

リビングにも作業スペースがあるので、今後の増員や、外部スタッフの方にスポットでお手伝い頂くことも可能です。

以上が作業スペースのご紹介でした。
まだ100%の状態ではないのですが、なかなかいい感じではないですか?
もう少しモノは増える予定ですが、極力シンプルを心掛けて仕事環境を作って行く予定です。
クリエイティブな仕事をしている者にとって、働く環境は仕事の質にも影響します。
Thank Uは、これらの環境のもと、高品質でスピーディー、低価格なシステム開発をご提供致します。